下取り価格の決め方が気になる

車の買換え時には一度は下取り査定を受けて、新車の見積もりにその下取り価格を含めた値引きなどが計算されてくることが多くなります。ですが、この下取り価格の決め方がどうしても気になるという人もいるのではないでしょうか?

下取り価格がなんとなく値引き扱いになっていて、本当の車の価値をしっかりとチェックしてもらえていないのではないかと感じることもあります。実際にはどうなのでしょうか?

新車販売ディーラーにとっては、中古車の買取というのはあまり得意ではない分野となります。車買取店が買い取った車を転売するためのルートを数多く持っているのに対して、ディーラーは実は多くの販路がないと言われています。買い取った車を売る場所が限られているため、少し安めに査定をする必要が出てきます。さらに、新車を販売するときにはある程度の値引きを行うことがありますが、基本的には大きな値引きが出来ないという事情があります。

下取り車の査定額をまず低めにしておき、値引き交渉のときに下取り価格を上乗せすることで値引きに見せるという方法で、なんとなく値引きしてもらったような気分を引き出すことがあります。つまり、本来の下取り査定額を提示することで、なぜか値引きしたような気分にさせることがあります。そのため、ディーラーの下取りの価格の決め方がなんとなくよくわからない状態になってしまうんです。